言葉遣いと生前整理

今日は当社が提唱させていただく【イキイキ5活(習活、集活、宗活、周活、祝活)】の一環として

illust3432.png


生前整理についてお話を。

亡くなったら自分の身の回りのことは誰がやりますか?

逆に、自分の実家の両親に何かがあったらどうします・・・?

もちろん何かが起きたそのあとで結構ですが

高齢化社会なので、その時には自分もそれなりの年齢になって体力が落ちていることだって・・・。

そこで今回は生前整理について

その中でも、実家の両親に片づけてもらう時の言葉遣いについてお話を。

高度経済成長を生き抜いてきた親世代の多くは

「基本的にはモノをため込む傾向の方々」だと思ってください。

そして、モノをためるとは、思い出を貯めてあるとも言えそうです。※洋服、食器、趣味のもの、特に旅行・友人や家族の思い出が詰まったものや、今は値打ちが無くとも当時購入するのに値段が張ったものには「処分はもったいない」と思っています。

chiyogami-paper-texture-pack.jpg


そこで言葉遣い一つでもったいない世代の方々への魔法の言い回しを伝授♬

① 「使わないものは捨てといてよね!」 → 「使いやすいように整理しておこうね♪」

② 「どうせ使わないのに」 → 「置いてあるだけなら逆にもったいないよ♪」

③ 「残しておいてもしょうがないでしょ」 → 「つまづいてもいけないから片付けようね♬」


こんな感じで、カドが立たないようにするのも一つです。

下手な言葉遣いは、怒らせる原因にもなりますので、計画的に数年かかってもいいので、ご両親に向き合ってあげてみてください。

決断しきれないモノについては

「保留箱」

なる段ボールやスペースを設けてみても面白いかもしれません。

それもこれも、すべては健全なコミュニケーションが取れておれば、解決の第一歩♬

今回のようなご相談も当社の終活サロン「アイフィット」まで♬
電話はフリーダイヤル0120-315-312

さあ今日も一日頑張りましょう♬
スポンサーサイト

終活は素晴らしいの嘘

‪今年テレビで取り上げられた終活芸能人はみんな、いわゆるお金持ち。またはお子さんが居ないとか逆に子供まで立派とか ← あり余る財産を人並み程度に処分することが終活と言いたいのか?
財産はあの世まで持っていけないことに年を重ねて気づいただけじゃないのか?‬www ♯橋田壽賀子、中尾彬、デヴィ夫人、所ジョージ、瀬戸内寂聴
※みなさん、マスコミやメディアに流されたり騙されたりしないように気を付けてね〜♩

←うちの親なんかはお前達に残すものは何もない!生きてるうちにわしらで全部使い切ったる!ゆうてます(笑)
※終活ってのは、お金とか難しいことじゃなくて家族だろうと友人だろうと行政だろうと、いわゆる自分の死後を頼める人的なご縁作りのことだと知っておくといいでしょう ← 専門家さえも気付いてる人は少ないw

生きるとは・・・

生きるとは借りを作ること。生きていくとはその借りを返していくこと。

これは先日お亡くなりになった永六輔さんの名言です。

そうやって誰かにしてもらったことは、誰かに返していこう。そういうお話です。

146882272753215282178_P7180156.jpg

ところで、ちょうど1年前でした。高屋の公民館で終活セミナーの講演をご依頼いただいたことがありましたね?その時に、こんな話がありました。

70代後半代のおばあちゃまが参加してくれていました。で、最後に質疑応答でおばあちゃまが

おばあちゃま「私は墓も建てた。仏壇もある。子供には何をどう相続するかもすべて伝えた。葬儀代も準備してある。ぼけたらどこの老人ホームに入れてくれという話もしてある。延命治療はしないことを選択した。死んだときの戒名もつけてもらっている。子供とは仲も良い。エンディングノートも完璧に書いてある。そこで、これ以上何を準備していいかわからない。これ以上何を準備したらよいかわからないことが不安なんじゃ。どうしたらよいか?」

という質問でした。

さて、みなさんはどうお考えになりますか?

そして私はなんと答えたのでしょうか?

やってもやっても得られない事の答えを、まだ探しますか?

大切なのは終わりに向けた準備をすることではないということなのかもしれません。



こういう時に終活ってのは本当に役に立たないということだけが判明した一日でした。

こちらをご覧になってみてくださいませ。


「日経平均チャート」と「脱・終活」の関わり分析

一昔前は元気なお年寄りが沢山いたのに最近のお年寄りはめっきりネガティブなことを言う気がするようになった。TVで特集された終活芸能人の中尾彬や瀬戸内寂聴、橋田寿賀子などの生前整理とか、立派な墓の準備とか、誰にも告げずにひっそり送ってもらいたいというが、特集された彼らはお金持ち&子供がいない人たちばかり。そりゃさぞかし立派な終活ができますでしょうよと。浮世離れした人を終活の代表者みたいな形で紹介されると、普通の貧乏人の我々にどうしろというのだ?と感じましたね。

そこで、経済と死生観のかかわりについてちょっとだけ解釈をしてみました。

まずは日経平均のチャートをネットで引っ張ってみました。そこでわかったことは

tya.jpg

失われた20年とか言われながら、なが~~いデフレスパイラルで不景気の波から反転の兆しも見えなかったリーマンショック。ちょうどそのころから終活というフレーズが出て参りましたね。週間ポストだか週刊現代といったたぐいの雑誌だったように覚えております。

tya2.jpg

なんか暗~~い感じですよ。そしてつい数年前までトレンドが変わるのか変わらないのか?で、縮小の三角持ち合い、あるいは、もみ合いをしばらく続けました。

そして突如として始まったアベノミクス。でもアベノミクスが始まったばかりの時は国民もみんな疑心暗鬼でしたね。

実はこんな数字があります。

自殺者の理由のうち、一位が健康上の理由、二位がお金の問題。つまり、体調、または経済が悪いと、人の心は病みいやすいのです。

しかし、今回のアベノミクスで2007年ごろのリーマンショック直前の直近高値は超えてきましたので、それを証拠として本日4月27日ですが日銀が9年ぶりに景気は拡大と表現致しました。

そこで日本人の死生観は原点に戻るといいますか、下手に暗いイメージを持たせずにせめて心の内側だけでも笑顔で元気になっていってもらいたいと考えているし、おそらくいきいきとしたお年寄りが安心して暮らせる社会が作れるはず!!!そう考えております。だからこそ、終わりに向けた活動ではなくて、今をよりよく生きる活動にシフト転換していただいて、暗い終活という言葉は使わない社会になっていただきたいと、切に願っております。また、将来への準備はお金持ちや芸能人の特権ではなくて、今を大切に生きるという心がけそれ自体で目的の8割は果たせていると考えております。

tya3.jpg

そこで当社が推進する運動。それが「いきいき5活」であります。
5活

46893.jpg

故人の人生のつじつまは合っていますか?

【直葬や家族葬も良いですが、故人の人生のつじつまは合っていますか?】

東広島市出身、東京都在住の47歳の男性のAさんにインタビュー

1、あなたにとってお葬式とは?
→もしも親が亡くなった時は、せめて親孝行を形にするというか。
→そろそろ自分のことも心配になってきた
→親戚で集まることのできる貴重な時間
→知らない人がお参り下さるとは、身内として誇りに思えたし、ありがたい以外の何物でもなかった。
→新たな人間関係の構築の場として感謝の場だと思った
→確かに一時的には深い悲しみではあるが、遺族はそれでもやっていかなくてはならない。特に会社経営をしている場合や自分みたいにあと10年以上は働かなくてはならない身分としては

看板に『偲ぶ会』を増やしました。三代目を仰せつかって、少しずつですが内容も一歩ずつ。石橋叩いておりますが何かの際はよろしくお願い致します。時代は少しずつ変化を遂げておりますね。

例えば提案なのですが、知らずや分からずたまたま他社で簡単に済ませてしまった直葬や家族葬だったとしても当社きちんと素敵なお別れのチャンスを。のちに当社にお越しいただき、49日までをめどに「きちんとお世話になった方々へ故人生前のお礼と挨拶」を兼ねつつ、メモリアルムービーや故人の好きだった食事をいただきながら思い出を語るの偲ぶ会(お別れ会)のチャンスを提供するのも当社の役割なのかなと考えております。

先代からよく言われていたのは『葬儀は二度とないんだから本当にきちんとした仕事をしなきゃならんのだぞ』
ですが、最近の事情は『とりあえず近親者で簡単に済ませる』という風潮がテレビやマスコミの影響からか微増しました。

しかし、せめて最後ぐらいはちゃんと儀式をしてあげたいという声も多数派でありますし、人のことはさておき我が家のこととなると、普通にされる方の方が多いわけですね。

身寄りがおられないとか、金銭的理由ですと分かりませんが、直葬や家族葬をしてしまってはならない層の方々がいらっしゃるのも、これまた事実ですが親戚に後で怒られたなんてお話もあるみたいです。

ま、実は「金銭的な負担はどうなのか?や親戚からの苦言や、それこそ本当にちゃんと送ってあげた事になるのだろうか?」といった不安を消去するためにも、普通のお葬式をしておけば良いのですけどね。ふつうのお葬式でも家族葬でも、さいき葬祭のプランですと収支は変わらず、むしろ持ち出しの金額負担は減るのですけどね。さいきなら・・・ですが。

葬儀は二度と無いことですが、偲ぶためのチャンスまでは消してはならない。でも遺族は突然のことで分からない。

そこを寄り添って最適解を出すのがさいきグループで、ありたいと思っております
プロフィール

東広島さいきグループ(佐伯葬祭・有限会社さいき・ギフト事業他)代表取締役

Author:東広島さいきグループ(佐伯葬祭・有限会社さいき・ギフト事業他)代表取締役
東広島さいきグループの代表者ブログです。永遠の安心へつながるお葬式、金額以上の感動とサプライズ。価格よりも価値を、儀式よりも寄り添いを。おかげさまで地域シェアNO.1。フォレストホールは駅からも程近く立地最高です。通常はこの規模のホールですと祭壇料金70万円から~が平均価格なのですが、なんと当社は祭壇料金が自由に設定出来ます。当社は福祉葬で創業された市民に優しい葬儀社です。家族葬で品質に特化したやすらぎリビング葬ホールが2016年5月OPEN致しました。また日比谷花壇と連携して、お花に託すお葬式プラン誕生。詳しくはお電話をくださいませ。家族葬やすらぎ会館も人気です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR