FC2ブログ

矛盾の方向に向かっている葬儀屋事情

命の意味を知る一番のチャンスが実はお葬式なのです。

そうではなくて、日常から命の意味を考え、ありがたさを考えましょうと言うのが多くのお坊さんの言葉ですが

しかし実際は毎日TVニュースで流れる事件事故よりも何年かに一度訪れる身内や知人の死。

これによって多くのことを考えさせられたりしながら生きるとか今の一瞬の尊さを学ぶ事が多いですよね。

凶悪な事件や事故のニュースからはため息や不安に駆られるのが関の山ですよね。教訓にはなってもね。

実は今、葬儀屋業界は上の立場のほうの方々が揺れに揺れています。本来、そんなことは

やっちゃいけないって分かっていることなのに、それをやらないと評判が落ちそうだからということで

やっている。

それは何か?というと

「手抜き」

です。その手抜きとは・・・

「死者を利用して飯を食う」ということです。

どういうことだ?となりそうですが、つまりは

その典型が「こうしたら喜ぶんじゃないか?」ひいては「流行るんじゃないか?」という「葬祭サービスにおける青い鳥探し」です。

いちおう僧侶の私の意見としては

「ねえ、最近の葬儀業界さんよ、死者を舐めないでくださいよね」であります。

そもそも葬儀屋はイベント屋じゃない

そして遺族は感動や悲しみを演じる役者じゃない

それに喜ばれるサービス?葬儀での喜びは、いわゆる日常での喜びではないことを知りなさいと。

葬儀での喜ばれるかどうかは「当たり前」が出来ているかにかかっている。

その当たり前は英語でいえば「ホスピタリティ」であり、日本語の切り口でいうと「三方よしの精神」であり、

言い換えると「good for everyone」

意味を少し付け加えると「everybody doing well」

そもそも葬儀屋のお仕事とは、ご家族やご遺族サイドでは出来ないところをきちんとお手伝いすること。

それが葬儀屋のそもそものお役目です。場所をお貸しするのもそういった理由からでした。しかし数年前から儲け主義の横行でホールが乱建されましたがね。

様々な基本が抜けていると「肝心なことを追い越してしまって、葬儀をイベントと化する葬儀屋」が多い。

また、「これからのお葬式はこんなあんな風になりますよ」「こんなあんなサービスが当たり前の時代が来ますよ」

と様々な商材を営業にくる会社がありますが、是非そうなってから来て見てくださいといいたい。

そうなるかもしれないし、ならないかもしれないものに、そう簡単にうちがそれに力を貸すわけにはいかない。

「死者を利用して飯を食う」

ではなく

「困った方々の飯となれ」。

困った方々に真摯に向き合い、お力添えする我々の費やさせていただくその時間が、相手の飯になるんです。

だから「こちらの利益目的」で安易に新商品に飛びついたり、一部地域で成功している同業社のやり方に飛びついたり、マネたりパクるようなことだけは絶対にしない!と強く胸張って信じる自分だけの道道を邁進する社長が増えることを私は祈ります。

あなたは24時間戦えますか?(自分自身と)

あなたは自己犠牲の上で人に奉仕が出来ますか?

それを自分の一生の仕事だと誓えますか?

難しい方の方が多いですよね。

なぜなら葬儀のお仕事って、限られ、選ばれた人間にのみ与えられたお仕事だからです。

では今日はここまで。いまから地元の寺院葬のお仕事が入っているので、準備に入ります。
スポンサーサイト

故郷を愛しませんか?東広島

青年会議所とは国際的な奉仕団体ですが、(社)東広島青年会議所さん

46404097_1145706585577810_4513389502810554368_n.jpg


このたび東広島青年会議所さんが故郷を愛しませんか?というお題で素晴らしい冊子を作りました。

S__24584196.jpg

S__24584194.jpg

S__24584195.jpg

いろんな方に見て頂きたいので、当ホールに置いておりますので、ふるさと東広島を少しでも知ってもらえたらと思います。

やりますね!

20181116_181116_0022.jpg

20181116_181116_0033.jpg

20181116_181116_0020.jpg

20181116_181116_0021.jpg

20181116_181116_0009.jpg

記憶に残るボクサー辰吉丈一郎の言葉

【弱い人間は強くなる事が出来るんです。強い人間は強くなる事が出来ないんです。】

辰吉丈一郎:自分に満足したらそこで終わり。常に僕はコンプレックスを持った、弱い存在でいたい。だからこそ強さにあこがれ、それを目指す。

いまから何十年前、ボクシング世界チャンピオン辰吉丈一郎さんがおっしゃられていた語録です。一芸、一道極めた方の言葉はなぜかいつもスッと入りますね。二人称や、人の引用言葉じゃなく、他人事でもなく、湧き出る自身の言葉。ブレないだけでなく、人の気持ちが分かる葬儀社として歩み続ける。だからこそ、チャラチャラ言葉を並べる会社だけにはなりたくないですね。

当社流経営「脱&非マニュアルの世界」

葬祭業のお仕事は、失敗が許されないし、ごめんですまされない。

葬祭業に従事する人間は、儀礼や作法については、それが出来て当たり前です。

そのうえで、あの人の霊柩車の運転がプロっ!とか、あの人の立ち姿がプロっ!

司会がプロっ!という理由だけで、何十年先か数年先かわからないのに、リピート客が出来るということは

まずない!※事故が無いのが当たり前、きちんとした立ち姿で当たり前、読み間違いのない司会で当たり前!でしょ

むかし、癖のある工場務めからの転職新人が

「うちはうちじゃないですか~?だったら会社独自のマニュアルがないと覚えようにもわかりません。マニュアルをよこせ」

その方は仕事にミスは無い程度に育ちました。しかし、お客様から「態度が横柄だ。担当者を変えてくれ」といわれたりして、結局は他との社員との折り合い(交代制のお休みをいつも真っ先に土日祝を取る)もあって退職していった。

あるいは、変わったお仕事からの転職さんだったが、「自分には自分なりのやり方がある。だから社長は俺を信頼して任せて欲しい。いちいち口出ししないでほしい」とのことで、一任してはみたものの、やはり時々ではあるがお客様から「あんまりこちらの話を聞いてもらえなかった。この地域のやり方はこうやるのが普通だから、そうしてくださいというのですが、単に葬儀屋のエゴじゃないですか。ストレスなので担当者を変えてください」と言われたこともある。なのに時々「あの方が担当してくれて本当に良かった!親切にそこまでしてくれた」という言葉をいただくこともあった。しかし、本人の機嫌によって仕事の質が変わるようでは、会社としてはひじょうにまずい。結局は10年の歳月在籍させたものの、自分が社長か?というぐらいに自己流のやり方を続けるので、とうぜんだが私との折り合いが悪くなって退職していった。

さて、ここで当社の自信もって言える経営方針。あるいは社員教育理念。それは

マニュアルはいらない経営

いいかえたら

マニュアルに頼らない!であります。

さらに言い換えたら「葬祭業においてはマニュアルで出来る仕事なんかその程度のことでしかないこと」であります。

歌舞伎や大衆演劇という日本古来よりの何百年も続く文化的なお芝居をご存じですよね。

見て美しい、楽しい、感動する、涙もある。喜怒哀楽を表現するお芝居ですね。

mig.jpg


S__24313858.jpg
※こちらの写真はせら温泉さまのブログよりお借りしました。ぜひ皆さんせら温泉へw

ご存じでしょうか?

実はセリフ台本がないのです。

多少のストーリーのメモはあったとしてもセリフ台本が無いのです。

すべて

言伝(ことづて)

で伝わってまいりました。

会場を沸かせ、お年寄りさん達を感動の渦、とりこにするシーンもすべて

アドリブなんです。当然、練習、稽古はありますよ?

しかし臨機応変にその地域のことを取り入れたセリフに変えたりしますよね?

相手によって工夫する。

最近TVなどで、ミシュランの星をとるような鮨屋で、何年も丁稚奉公で何もさせてもらえず見てるだけというのは必要なのか?という議論がありましたが

葬祭のお仕事というのは、飲食の世界とは違って、寿司の握り方や砂糖、塩、酢、醤油、ソースの調合、出汁の引き方に該当する項目はございませんで、

ただただ、相手の心を癒し、喉に詰まった言葉を引き出してあげ、そして多少のお導きをさせていただきながら、めったにないお葬式を無事にお手伝いするわけです。

だからマニュアルというよりは、言伝(ことづて)によって、たくさんの会話によって経験を伝えていき、やってみせたり、やらせてみせたり、しながら徐々に社風や社員の品格までも向上させていくものと感じております。

形だけ、格好だけ、髪型だけ、ビシっとするのは誰もでも出来ますよね?

はい、目の前の知らない方がガム?のゴミをポイ捨てしました!

同僚が担当の仕事をもってバタバタされている、しかし自分はフリー。

さああなたならどうしますか?

本当にそれが最適な答えでしょうか?

結局、社風や劇団の味ってのはトップが体を張って、時にぶつかりながら、背中に矢を受けながら、徐々に形になって、その意味が心底理解出来る人が作り上げていく。そう、ここは企業。義務教育のスクールではないのだ。

はい、本日のブログは御仕舞♫

大衆演劇はすごい!!!

ハロウインラン東広島2018

2016年と17年は福富の道の駅湖畔の里で開催された本大会も2018年はついに東広島市の中心市街地で開催に至りましたね。

本社から近いということもあり、盛大ににぎわっておりましたね。

ということで社長の私も伺ってまいりました。といってもハロウインは仮装して楽しむものなので

お坊さんに扮しました。知り合いには、そのまんまじゃん!と言われましたが・・・

私の言い分としては、そうじゃない。うちは葬儀社で火葬のお手伝いはさせていただくけれど今回は仮装です・・・。

というわけで、うちの社員も参加して楽しんでおられました。

なにより子供達や学生さんたちが楽しんで参加しておられたのが私としては嬉しかったです。


<友人たち>
03.jpg

02.jpg

12.jpg

07.jpg

08.jpg

09.jpg

10.jpg

11.jpg


<うちの事務員さんたちw他2名>
01.jpg

<おまけ>
04.jpg

プロフィール

東広島さいきグループ(アイフィットさいき葬祭・有限会社さいき・ギフト事業他)代表取締役

Author:東広島さいきグループ(アイフィットさいき葬祭・有限会社さいき・ギフト事業他)代表取締役
当社は福祉葬で創業された市民に優しい葬儀社です。立地の良いフォレストホールは「家族葬の料金」でご提供しております。永遠の安心へつながるお葬式、金額以上の感動とサプライズ。価格よりも価値を、儀式よりも寄り添いを。おかげさまで地域シェアNO.1。通常は当社規模のホールですと祭壇料金70万円から~が平均価格なのですが、なんと当社は祭壇料金が自由に設定出来ます。家族葬で品質に特化したやすらぎリビング葬ホールが2016年5月OPEN致しました。また日比谷花壇と連携して、お花に託すお葬式プラン誕生。詳しくはお電話を

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR