FC2ブログ

全力で泣けること。全力で生きたということ。

先日、このお仕事をさせていただかなければなかなか出会わない瞬間に出会いました。


親元離れて暮らす息子様が入院中の父を見舞いに行った時の最後の会話


- 病室の扉をそっと開く。お父さまは横になってテレビをみておられました。 -


長男「父さん、体調どう?」

父「おお、来てくれたんか~。すまんの~、仕事大変だろう?遠いのに。」

長男「父さんそんなことないよ。近いもんだよ、大阪なんて。頑張って治そうね!?」

父「そうじゃの~。でも体のあちこちが痛いわい」

長男「・・・。そういえば家に寄ってから来たんじゃけど、庭の梅と椿の花がすごい綺麗に咲いとったよ!」

「・・・・・。おまえもそういう気の利いたことが言えるようになったんじゃの~。早く家に帰りたいけど、いつになるかわからんわい。」

長男「・・・・・、なにいってんだよ、父さん。頑張ろうね!」

父「そうじゃね。頑張ってみるけんね。おまえも仕事、身体、無理したらダメぞ。」




こんな会話が聞こえて来そうな情景が思い浮かべられました。※長男様のご挨拶より



やがて闘病ののち、お父さまはお浄土へと旅立たれましたが

あの日、最後に交わしたあの会話。そしてご葬儀当日の朝、

庭先に咲いていた椿の枝を急きょ取りに帰られたご長男様。


ふとご長男様のほうに目線をやると

人目をはばかることなく天を見上げて精一杯泣いていらっしゃったご長男様。そして妹様。

お父様が好んでおられた品々をお棺にご一緒に焼かれる副葬品と共に

椿の枝が添えられました。

皆様全員が精一杯に泣きながら、しかし悲しみを超えた先にある愛情たっぷりの優しい笑顔で

最期の時間をお過ごしになられたご家族の皆様。そして参列された皆様も。


厳しくも愛情に満ちたお父様のために全力で泣ける息子様。そんな家族って本当に素敵な家族だと思います。


このお仕事をさせていただいて、いつも思うことがあります。

が、その内容はまたいつか・・・お話出来たらいいなと思います。

お仕事を超えた何かを感じ、たくさんの学びを頂いたご葬儀でありました。お亡くなりになられた故人様(お父様)に哀悼の意を表して。

名称未設定-4


IMG_9983.jpg

IMG_9991.jpg

IMG_9987.jpg





スポンサーサイト



プロフィール

東広島アイフィットさいきグループ(アイフィットさいき葬祭・有限会社さいき・ギフト事業他)代表取締役

Author:東広島アイフィットさいきグループ(アイフィットさいき葬祭・有限会社さいき・ギフト事業他)代表取締役
当社は足が不自由で身体障害者だった創業者が70年前に一念発起で開業。おかげさまで東広島ご依頼件数は圧倒的なNO.1。その理念は更に進化しながら市民に優しい葬儀を提供中。東広島市と東広島社会福祉協議会といった行政後援のお墨付きをいただいた終活セミナーもアイフィットグループゆりかごにて運営中。またKAMONケーブルTVで終活番組放送中♫立地の良いフォレストホールは「家族葬の料金」でご提供も。永遠の安心へつながるお葬式、金額以上の感動とサプライズ。価格よりも価値を、儀式よりも寄り添いを。通常は当社規模のホールですと200万円も300万円もかかりそうですがなんと西条中心部のフォレストホールでさえ100万円以下で自由に設定出来ます。家族葬で品質に特化したやすらぎリビング葬ホールも2016年5月OPEN致しました。また日比谷花壇とタイアップしお花に託すお葬式プラン誕生。詳しくはお電話を

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR