FC2ブログ

さいき葬祭の社長のひとりごと

http://www.ichijyo-shinya.com/message/2013/03/post-544.html
「親の葬儀は人の道」について書かれてあります。葬儀屋さんなんで、儲けたいからそんなことを言ってるの?と誤解を受けそうですが、葬儀屋になる前から私はあることをきっかけに、親の葬儀だけは大事にしないといけないなと思っていたことがあります。それは、私が9歳小学3年生のときに67歳の祖父が亡くなったんですが、普段は強くて厳しくて怖い父が一瞬だけこらえきれない涙を見られないように一瞬だけ流したのを目撃した時。あれは強烈でした。「あ!あの怖い親父が泣いた!」。そして成人してからですと、プロボクサーで元世界チャンピオンの辰吉丈一郎さんのお父さんが亡くなられたときに、大きな生花祭壇に彫刻のお棺、外車の霊柩車。なんとも豪華な告別式の最後に参列者に謝辞を述べるときに、人目をはばからず大粒の涙を流していて、のちに幼少期に父子家庭で貧しかった辰吉さんのことを「おまえんちボンビー(貧乏)」と揶揄してきた奴らをそいつらには出来ないほどのお葬式で見返したかったとおっしゃられました。その時に、辰吉さんをボクサーとしてではなくて、人としてすごいって思ったのを覚えています。葬儀がすべてではないですが、最近、本来は家族葬で済ませるべきではないような方が家族葬や直葬でお済ませになる方が増えました。親の言いつけだったから・・・迷惑をかけたくないって言ってたんで・・・しかし周囲から結構なお叱りを頂いたという最近よく聞くフレーズです。事情がある方は密葬的でも全然よいのですが、事情なく「なんとなく」が一番怖いです。 私は個人的にですが、「親の死に目ぐらい汗をかくのが供養だ」と思っています。家族葬が浸透してきた理由の大きくは「核家族化と兼ねた高齢化や死別、離別、未婚などで見送ってくれる人が少ない、あるいは居ない訳アリ世帯」が増えたからであって、見送りたい人を来させないようにするためでは無いということを知っておいていただきたいです。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

東広島さいきグループ(佐伯葬祭・有限会社さいき・ギフト事業他)代表取締役

Author:東広島さいきグループ(佐伯葬祭・有限会社さいき・ギフト事業他)代表取締役
当社は福祉葬で創業された市民に優しい葬儀社です。立地の良いフォレストホールは「家族葬の料金」でご提供しております。永遠の安心へつながるお葬式、金額以上の感動とサプライズ。価格よりも価値を、儀式よりも寄り添いを。おかげさまで地域シェアNO.1。通常は当社規模のホールですと祭壇料金70万円から~が平均価格なのですが、なんと当社は祭壇料金が自由に設定出来ます。家族葬で品質に特化したやすらぎリビング葬ホールが2016年5月OPEN致しました。また日比谷花壇と連携して、お花に託すお葬式プラン誕生。詳しくはお電話を

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR