中国新聞朝刊に家族葬の記事

IMG_0117.jpg

2週間前に中国新聞の記者さんから連絡が入った。家族葬の取材をしたいとの申し出。

マスコミが、しかも広島ではNO.1の中国新聞が家族葬の記事~?ううううう・・・・

一瞬、断ろうかとも思ったが、だいたいチャンスはピンチの顔をしてやってくるので快諾(笑)

初回の取材、二時間半の長きにわたって思いを伝えた。記者さんの年齢は30代前半。すなわち私と同世代だった。

しかし、私は毎日葬儀や人の死について考えているので(ま、本業なので(汗))あるていどの死生観をもっているが、記者さんにその思いを伝え、正確に記事として取り上げてもらうためには、最低でも2時間半が必要だった。

新聞ってのは公明正大が旨。よってうちの宣伝をするつもりもなく、少しでも正確な事実を伝えたかった。それは家族葬がマスコミによってミスリードされかけている実態を伝えたのだった。家族葬のメリットばかりを伝えて、そこから生じるデメリットについての苦言がない新聞やテレビが多いという事。損するのは勘違いさせられた消費者・・・そんな構図を断ち切りたかった。

記事内容
「東広島 広がる家族葬・・・団地住民の高齢化が背景」

 故人の家族を中心に少人数で営む家族葬が東広島市で増えている。核家族が多い団地住民の高齢化や人間関係の希薄化、不況などが理由とみられ、一軒家を改装して専門式場にする業者も現れた。業界関係者は「ここ数年で広がった形態で、故人の希望や家族以外への葬儀の周知に配慮が必要」と助言する。
 佐伯葬祭は専用部屋で年間約100件、家族葬を営む。葬儀全体の2割弱で、参列者は20人が中心。2005年から増え、当時の1.6倍になった。

 背景は高度成長期に出来た団地などに住む都市型住民の高齢化だ。市中心部の西条、高屋、八本松地区の65歳以上の高齢化比率は約15%。市街に住む子供が喪主になり、家族中心で営む例が目立つという。

 「本人が希望する葬儀を生前にエンディングノートへ書いてもらい、家族で相談してほしい」と柚木力専務。費用の安さを期待する人もいるが、香典が集まらず負担が増えたり葬儀を知らなかった人から不満が出たりすることもあり注意が必要という。

 新栄商事グループ(三原市)は8月、八本松町の家を改装し専用葬儀場を開設した。木造2階建て・・・・。

 08年秋のリーマンショック以降、同社の三原市の式場は費用を抑えたい客を中心に家族葬の注文が4件に1件の割合で入る。生駒専務は「東広島市にも企業進出に伴い転入してきた新住民が多い。将来的に需要は高まる」と見る。(境信重)



どうだろうか・・・。

家族葬というものはジャンルで言うと小規模な一般葬であって、

何か画期的なすごい事をやるわけではないという性質(あくまで家族中心で行う一般葬という分類)から

当社としては、西条の中心に位置するやすらぎ会館という当社の斎場で

これからも心を込めてお手伝いを続ける予定。

餅は餅屋さんなので、葬儀サービスのさらなる提供・向上のために邁進します。
スポンサーサイト

コメント

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 新聞記事拝見しました

ご無沙汰いたしております!!!

メッセージありがとうございます。何度もメッセージを読み返しました。

そうなんですよね~、そう取られる可能性(ピンチ)があったので、拒もうとも思ったのですが

実は記者さんにはかなりの時間を要して、説明をしました。元々は

「家族葬っていいよね~~~、それをやとうとしてるのは新興系企業の新栄さんなんだってね~」っていう記事で終わりそうだったのです。が、中国新聞の部長さんが、東広島の事なら佐伯葬祭さんの実情も踏まえて記事を書かなければアカンやろ!ってなって、話が回ってきました。実際に記者を務められた境記者さんは、困惑していました。なにしろ僕が数時間におよぶ家族葬の否定論者の意見を述べたわけですから(笑)

でも、この記事はマスコミ関係としては初めての試みが入っているのです。

今までのマスコミ新聞記事ですと、家族葬はいいものですよ~!っていうだけの記事しか見たことがないのですが、

きちんと「デメリット」についても述べられております。家族葬を行うには、配慮や考慮が必要だという釘を打っているわけです。メリットばかりを掲載せずに、注意を促したという意味では、日本初の記事であるとご理解ください。

僕は社内ではみんなにこう言っています。家族葬とは、遺族が・・・やり方を間違えると親類の中で居心地を悪くなってしまう可能性がある葬儀方式であるから、よくよく話をしてから葬儀の方針を決めてもらう事!


そして、今回の記事に関しての総括ですが私としては、デメリットがあるという事も伝える事が出来たのでその点では納得はしているが、やはり・・・・・新栄葬祭さんの宣伝みたいや~~ん!っていうのが総括であります(笑)

うちはあくまでも餅屋ですから、葬儀をした後の遺族の親類の中での立場も考慮し、無理のない葬儀を進めて行こうと思っていますよ。

ま、10年後は放っておいても家族葬みたいなものが増えますが、それが家族葬という名前であるかどうかはまた別問題だと思っています。

今度お茶でもしませんか?ぜひ、お会いしたいです。

柚木力

家族葬って2

こんにちは。
たびたびおじゃまいたします。

そうですね、
記事には、きちんと家族葬の弊害も
記述されています。

最初の私のコメントは、
家庭のお父さんが、多くの新聞記事の中から、
今回の内容を見た時の、最初の受け止め方をイメージして
述べさせていただきました。

最近の中国新聞を見ると、
「近親者にて、葬儀を済ませた」とか、
「家族葬が行われました」と、
過去形のおくやみ情報が多くなってきました。

00葬儀社施行、などと書かれているので、
問い合わせや、抗議の電話が来ないのかな、
と心配になります。

かくいう私も、
「家族葬でお願いします。」と
依頼されることが多くなってきまして、
弊害の説明、周りの方との折り合いに
苦労しています。

どうやら、最近の家族葬は
「密葬」と捉える方が増えてきたようで、
①それ一回で、済ませる場合。あとは知らせない。
②密葬後、一応新聞に掲載して、動向によって本葬をする。
③はじめから、密葬と本葬に分けて計画する。 の、
3通りに集約される傾向にあります。

8割が①の形態。
②と③が各1割くらいでしょうか。

私の提案としては、
本葬やお別れ会は仰々しいから、(二度手間)
「四十九日忌の法要に、焼香だけでもみなさんをご招待しては。」
などと勧めることが多くなってきました。

一般の家庭までが、家族葬(密葬)を希望するので、
私としての最後の抵抗です。

日本社会の「絆」(きずな)を維持するのは、私の役目。
と自負しております。

ありがとうございました。



~ お茶。あっという間ではありますが、
  ほどよい距離感もいいものかもしれません。
  
プロフィール

東広島さいきグループ(佐伯葬祭・有限会社さいき・ギフト事業他)代表取締役

Author:東広島さいきグループ(佐伯葬祭・有限会社さいき・ギフト事業他)代表取締役
東広島さいきグループの代表者ブログです。永遠の安心へつながるお葬式、金額以上の感動とサプライズ。価格よりも価値を、儀式よりも寄り添いを。おかげさまで地域シェアNO.1。フォレストホールは駅からも程近く立地最高です。通常はこの規模のホールですと祭壇料金70万円から~が平均価格なのですが、なんと当社は祭壇料金が自由に設定出来ます。当社は福祉葬で創業された市民に優しい葬儀社です。家族葬で品質に特化したやすらぎリビング葬ホールが2016年5月OPEN致しました。また日比谷花壇と連携して、お花に託すお葬式プラン誕生。詳しくはお電話をくださいませ。家族葬やすらぎ会館も人気です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR